あじ男のぶろぐ

京都で大学生やってます。日々の出来事をつらつらと語ります。

つるかめで魚介醤油つけ麺を食べてきた。

 

どーも、あじ男です。

 

ただいま午前二時。なぜこんな時間まで起きているかというと、、、ブログ、忘れてました、はい。寝る直前に思い出し、今日くらいいいか、とも思ったんですが、毎日更新を宣言した手前、休むわけにもいかず、ギリギリの意識でブログ書いてます。

 

ねむ、、、。

 

正直ほとんど頭働いてないので、支離滅裂なことを書くかもしれません。

睡魔がかなりキテるので、今日は短めで終わらせますね。

 

 

タイトルにある通り、つるかめに行ってきました。

 

皆さんはつけ麺ってお好きですか?あじ男は大学に入ってからラーメンはいろんなお店で食べるようになったんですが(キャンパス周辺のラーメン屋巡りが週末の楽しみです笑)、つけ麺に関してはほぼ無知なんですよね。

 

というのも、行きつけのつけ麺屋があって、そのお店の味しか知らないという。笑

(また別の記事で紹介します。)

 

そういうわけで、新たなつけ麺屋を開拓するべく、四条寺町のつるかめ本店に行って参りました。

京つけめん つるかめ本店│京都 寺町京極商店街

 

このお店は魚介だしが売りみたいで、店の外からでも魚介の香りが漂っていて、それだけでもかなりそそられます。

 

お店の中は狭めで、こじんまりとした感じ。券売機で先に券を買うのですが、なんと小中大すべて同じ価格。貧乏根性がはたらき、迷うことなく大盛りを選択。結果的には、大盛りでちょうど良いボリュームでした。

 

15分ほど待って、麺が到着。

f:id:melon1385pan:20161203030607j:plain

↑こんな感じ。(撮り忘れたので、写真は拾い画。)

 

麺は少し太めでもっちりしていて、割と好みのもの。味付けもしっかりめで、よく絡み合い、箸が進む進む。あっという間に完食。

 

とてもおいしかったです。次はあえてラーメンもありですね。

 

 

うーん、食レポ難しい、、、。本当のおいしさの1割も伝えられてないような気がして、もどかしいです。ついには、食レポ禁断のワード、「おいしい」で締めくくってるし、、ボキャ貧が露呈しましたね。

 

毎日続ければ文章表現力も上がると信じてがんばります。

 

それでは、今日はこの辺で。